【新企画】出版キカク会議がスタートしました!

ありがとう!ゴスペルワークショップ

2021年10月8日、『ニジロック!フェスティバル2021』が開催されました。
そこで、私たちは【魂を解放するゴスペルグループ】で出演を果たしました。

『ニジロック!フェスティバル2021』とは、YouTuberの橋爪大輔さん(大ちゃん)が「誰もが力のある存在なんだ!」と提案してくれた音楽祭で、出演者もスタッフも観客もzoom観客も皆んな、¥5555支払って、やりたい役割を選び参加する主体的な音楽祭です。

この音楽祭の話を大ちゃんから聞いたのが、宮島合宿の嵐の夜でした。
聞いた瞬間、「なんて画期的な音楽祭!私も舞台に立ってみたい!たくさんの人と歌いたい!」そんな思いでいっぱいになり、後先考えずに「やりたいです!」と手を挙げました。

「歌を専門でやったことがない私が一体どうやって?」「昔からの夢ってだけで、そんなことできるの?」色んなことを考えだすと、やっぱりやめようかな、なんて弱気になったと思いますが、そこはさすが【ふりー・つくーる】のメンバーたちです。
即座に「ゆりてぃんのサポートは私たちがするから、安心してやってみよう!」と声をかけてくれたんです。今考えても、本当にあの時ほど心強かったことはないです。

そして、以前から私はゴスペルのグループを作って歌いたい!と思っていたことを思い出し、ふりー・つくーるメンバーと作戦会議。曲も決め、大まかな流れや細かい事務手続きの分業などが決まると、ガンガン動き出しました。
私と同じように自分を解放して歌いたい人たちと一緒に歌いたかったので、すぐにTwitterで募集すると、あっという間に15名の方達が参加してくれることになりました。

練習方法はズームでした。ズームの良いところは、離れているメンバーともすぐに繋がれることです。だから土曜日の練習のほかに、平日にも練習の日を設けました。また個人レッスンや、ソロ練習などもズームを使って行いました。ほぼ毎日何かしらズームしていたかもしれません。
でもズームの難点は、微妙にずれるところです。だからどの人がリズムがあっていて、どの人がズレているとかが分かりません。また声量がどのくらいなのかも分かりません。こればっかりは前日の舞台リハーサルで合わせるまで未知の世界でした。

でもすごいなと思った事は、たった1ヵ月の練習で、しかも個人個人の努力による力が大きいのですが、みんなで合わせたら素晴らしいハーモニーになっていたことです。自分のパートの歌声を録音するという宿題を、途中で何度も出してみんなに歌ってもらいました。なかなか覚えにくいパートの人は最後の最後まで音がとれなくて困っていました。でも、みんなで合わせると気持ちが盛り上がるしゾクゾクしてきたんです!
身体の底から震える、いわゆる武者震いってやつを感じました。そしてこんなにもみんなで歌うことって楽しいか〜、と実感しました。

練習時から私が心がけたのが、皆の前で歌を歌うのが最終目的ではなく「心を解放してこれからの人生を軽やかに生きる」ことを目的にしていました。
そのためにゴスペルを手段としたのです。
だから、歌の練習の前には必ず理想の未来を思い描く瞑想をしてから歌い始めました。
その後で歌うから、いつも皆んな、ニコニコ顔で歌っていましたし、最初からグループの雰囲気は温かくて最高でした。途中から入ったとしても、すぐに安心して仲良くなれる世界です。

個人個人では、ソロをやってみたいと立候補した方には挑戦してもらいましたし、難しいパートを歌うと決めた方にはそちらをお任せしました。
みんな、自分のハードルを自分の力で越えて、最高の状態で本番に臨んだんです。
そして、心を解放して本番を歌いきりました。

結果は大成功です!
舞台で歌い終わった後の私たちの満面の笑みと、たくさんの拍手がそれを物語っていました。
やり切った達成感と、緊張から解き放たれたことで、私たちは皆、とても高揚していました。
その後でまた出番があった方たちもいましたが、
どなたも余計なことを考えずに、舞台そのものを楽しむ感覚になっていたと思います。
本当に不思議で、最高で、一回体験したら病みつきになる感覚でした。

そんなわけで、心を解放した私たちは、これからも色んなことに挑戦していくと思います。
参加メンバーの個人の挑戦も楽しみですし、私も次なる挑戦を決めました。

それが、来年8月11日に相模大野で開催される、
『ニジロック!フェスティバル2022』
にゴスペルで舞台に立つことです!
1月から練習を開始していく予定です。
楽しいイベントも用意し、12月には募集を開始しますので、次は歌ってみたいという方は是非、各SNSよりお問い合わせください(^○^)

■■■ゴスペルワークショップ■■■
リーダー ゆりてぃん(むとうゆり)

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる